徹底解説!キャバクラ派遣の仕組み

キャバクラで働くことはもちろん、派遣という働き方に初めて手を伸ばす人は、その前にキャバクラ派遣の仕組みについて知っておきたいところ。
ということで、ここではその派遣のキャバクラ嬢について掘り下げ、派遣キャバクラの仕組みや構造をできるだけシンプルに説明していきます。

そもそも、このシステムはさほど難解なものではありません。
キャバ嬢として働きたい女の子と、女の子を必要としているキャバクラ店の間を派遣会社が取り持ち、三者がみんな恩恵を受けるようなシステムがキャバクラ派遣と呼ばれるものです。



女の子側は派遣会社に登録をするところからスタートします。
一方、店舗側も派遣会社と提携や契約を結びます。
キャストが足りない、欠勤が出た、イベントがあるから女の子のヘルプが欲しい、そんなお店が出たらその会社を通じて女の子たちに呼びかけ、女の子たちは、働いても良いと思えるお店がその中にあったら、予約をしてお仕事をする、そんなシステムになっています。

もう少し簡単に言うと、1回限りの人材紹介ですね。
派遣元の会社が夜のお店にその都度女の子を紹介する、そんなシステムです。
正確には、女の子側がお店を選ぶことができるので、一番メリットが大きいのはキャバクラ派遣を利用する女の子側と言えるのかもしれません。
もちろん、1回限りというのは1回ごとに働くお店を変更できるという意味で、何回でもお仕事をしてしっかりと稼ぐことができますよ。

  ところでお店に雇用されるキャバ嬢との違いは?

キャバクラ嬢として働く場合、上で説明した派遣と、お店に直接雇用される形態の2つがあります。
後者は俗に「在籍キャバ嬢」なんて呼ばれたりもしますね。
派遣のキャバ嬢は派遣元の会社と契約していることになり、一方の在籍キャバ嬢はお店と直接雇用契約を結んでいることになりますが、これが一番の違いでしょう。

これは思いの外大きいですよ。
この違いがお給料の支払われ方や稼ぎ方、仕事内容や精神的負担まで、あらゆる部分に影響を及ぼすことになるんです。
それぞれについては後々細かく説明していきますが、このあらゆる部分を天秤にかけた結果、最終的に派遣で働くことを選ぶ女の子が急激に増えていることだけは事実です。
この点も頭に入れておきましょう。

派遣キャバクラ嬢について知れば知るほど、「だから選ぶ人が増えているのか」ということがわかるはず。
特に派遣会社大手のジュエルズなどは初めてでも安心して働けるシステムになっていますから、メリットデメリットを知った上で是非チャレンジしてみてください!